ある阿呆の一生 ~中国株編~
中国株について、注目銘柄・配当・IPO情報などの紹介及び管理人の株式取引状況の公開

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国株取引のできる証券会社の比較

本サイトで紹介している中国株を取り扱っている証券会社を「取り扱い銘柄」「取引手数料」の2点においてまとめました。下の表を、自分の投資にあった証券会社の選択に役立ててもらえればありがたいです。(情報の間違い・変更等があるかもしれませんので、詳細は各証券会社のホームページで確認下さい。)

証券会社 取り扱い市場 取引手数料(対約定代金)
松井証券 香港
(ほぼ全銘柄)
・国内:0.399%(最低手数料 52.5HKD)
・その他:0.112%
E*トレード証券 香港
(129銘柄)
・約定代金6万HKD未満:0.525%
 (但し、最低手数料31.5HKD)
・約定代金6万HKD以上:315HKD
ライブドア証券 香港
(ほぼ全銘柄)
・国内:0.42%(最低手数料 52.5HKD)
・その他:0.112%
マネックス・ビーンズ証券 香港
(ほぼ全銘柄)
・国内:0.2999%(最低手数料 70HKD)
・その他:0.112%
楽天証券 香港
(186 銘柄)
・約定代金10万円まで:525円
・約定代金 10万円~100万円未満:0.525%
・約定代金100万円以上:5250円


私は取り扱っている中国株の多さと手数料を考慮し個人的に松井証券を中国株取引のメインの証券会社として利用しています。ただ、松井証券以外にも、E*トレード証券ライブドア証券楽天証券など他の証券会社の中国株取引口座も開設しています。やはり、一つの証券会社だけだとサーバーの異常などで取引できないときに困りますので。また、口座を開設すると、各証券会社の提供する中国株情報などを無料でみれるので、たとえ取引しないにしても(口座維持費は無料ですし)開設しておいて損はないですね。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ある阿呆の一生 ~中国株編~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。