ある阿呆の一生 ~中国株編~
中国株について、注目銘柄・配当・IPO情報などの紹介及び管理人の株式取引状況の公開

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国株投資】 現在保有中の中国株について

2008年2月3日現在保有している中国株の紹介をします。私の主な中国株取引証券は、投資資金が小額なので手数料の面でお得なオリックス証券です。オリックス証券を使用して結構経ちますが、手数料の面は勿論、中国株関連情報も多く気に入っています。(大元のユナイテッドワールド証券も良いですが^^)

 ・ 中国遠洋 [チャイナ・コスコ] (01919)(保有数:1,000株)
   取得価額:31.485HKD 現在値:19.220HKD
   時価評価額:19,220HKD 評価損益: -12,265HKD

最近FXにもはまってきたのですが(^o^)、FX資金調達のために華億新媒体 [アジアン・ユニオン] (00419)を売却しました。 中国遠洋 [チャイナ・コスコ] (01919)については現在も保有中です。あまり参考にはならないかもしれませんが、私が過去に保有した中国株に興味のある方は、中国株保有銘柄をご覧下さい。

スポンサーサイト

FX(外国為替保証金取引)について

 FX(外国為替保証金取引)とは、わずかな保証金(投資金)で外国通貨を手に入れ、為替差益と利子を手に入れることができる外国為替取引のことです。

 その特徴としては、レバレッジとスワップ金利などが上げられます。レバレッジは、保証金額の何倍の取引を行っているかを表すもので、例えば、レバレッジ10倍なら10万円の保証金で100万円までの取引ができることになります。従って、レバレッジを上手く利かせることで、小額の資金からでも投資することができ、効率よく運用ができます。(利益が大きくなる反面、へたな局面でレバレッジを効かせすぎると損も大きくなってしまいますが-_-;;)
 また、このレバレッジが利いてくるのは、為替損益だけではなくスワップ金利にも利いてきます。スワップ金利とは、日本と外国通貨との金利差のことですが、FXでは、日本円の金利が外国通貨の金利よりも低い時に、その外貨を購入すると、両国の金利差がスワップポイントとして加算されます。例えば、日本の金利が0%、購入する外貨の金利が5%の場合、両国の金利差である5%がスワップポイントとして入ってきます。FXのレバレッジ効果は、このスワップポイントにも影響するので、金利差が5%の時に、レバレッジを10倍にして外貨を購入すると、スワップポイントは預けた保証金に対して50%にもなります。(外国通貨の中には、金利5%以上の通貨があります。)
 
 私の場合は、このスワップポイントに興味を持ってFXを始めました。投資対象となる通貨数も株式と比較すると少ないので、投資のための研究にかかる時間も少なくて済みますし、基本的に24時間取引可能なので、仕事から帰ってきてもゆっくりと取引できます。そういう意味では、FXは仕事を抱えている人にはとても有り難い投資対象だと思います。

 私は今のところFXプライムFXOnlineそしてトレイダーズ証券をメインに使用していますが、FX取引のできる会社は多いので(選別が逆に大変ですが^^;;)、色々と口座を開いて自分に合った会社を探すのが良いと思います。

copyright © 2005 ある阿呆の一生 ~中国株編~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。